住宅の安全を確保する為にメンテナンスを行おう

これまでの耐震補強

現場の担当者

これまで日本は何度も地震の被害にあってきました。その都度道路が整備されたり住宅の改修が行われてきましたが、現在は新たな見直しが始まっています。それは耐震リフォームについてです。 これまで耐震リフォームというと、金具を補強したり筋交いを増やす等、簡単な耐震補強が一般的でした。これにプラスした施工が現在行われている取り組みです。それは揺れを制止する装置の設置です。地震の揺れは縦横斜めとあらゆる方向から伝わってきます。そのためどの面を補強したら良いのか分からないという点があります。しかし制止装置を設置すれば揺れを弱め、住宅全体に及ぶ振動を最小限に食い止める事ができます。簡単な施工で行えるため、積極的に取り組まれています。

地震はどこで起こるか分からないため、いつか来るその日のために備えが必要です。耐震リフォームは住宅と大切な家族を守るため、必要不可欠な対策でもあります。 現在地震が起きた時に避難できる家庭用シェルターはありますが、小型であるため大型のシェルターが必要になると考えられます。そのため一部屋が丸ごとシェルターとなる製品の開発が予測されます。究極の耐震リフォームを実現する事で、地震が起きたその時にとっさに駆け込むだけでなく、避難グッズや非常食を揃えておけるためライフラインを繋ぐ事ができます。また蓄電システムの充実化も予測されます。今のシステムは高額であるため限られた家庭でしか利用されませんが、簡素化されリーズナブルになれば需要は増えます。